新着情報

2020年07月10日

令和2年7月豪雨

この度の九州をはじめ、広い地域を襲っている豪雨で被災されていらっしゃる方々に心よりお見舞い申し上げます。映像を拝見して、河川の氾濫による被害の大きさに言葉もありません。
Covid-19の感染拡大防止で、ただでさえ非日常の生活を強いられていたところの災害で、被災された方々はどんなにたいへんなことでしょう。
気候温暖化の影響もあり、毎年のように豪雨の災害で被害を被ることの多い日本。
被害にあわずに済んでいる私たちができることは、被災された方々とその地域の一日も早い復興を祈るばかりです。
身近でできる寄付など応援をしたいと思います。

2020年04月08日

新コロナウィルス感染防止への緊急事態宣言

今年は、桜をめでる暇もないままにとうとう緊急事態宣言が弊社所在の東京都に出されました。

日本では公式発表されている感染者数及び亡くなられた方の人数は中国、欧米に比べると大変少ない数字でとどまっています。

しかしながら、感染経路のわからない感染者の割合が増えているということは、数字の何倍もの感染者が実際にはいてもおかしくないというのが専門家の意見です。

とにかく、感染しないこと、他人に移さないことが私たち市民ができる最善のことであるならば、宣言が出されたからというのではなく、各人が自分の頭で考えて、行動をするしかありません。

弊社では今までも可能な範囲でリモートワークの方法をとってまいりましたが、今後1か月は基本的には在宅ワーク、必要に応じて週に1回程度、オフィスに出て仕事の処理等を行う予定です。

皆さまにはご迷惑をおかけすることもあろうかと存じますが、メールは日々頻繁にチェックをしておりますし、急ぎの場合については電話も転送されるシステムになっております。引き続きよろしくお願い申し上げます。

今回の新コロナウィルスの件では、日々健康で普通に過ごせることがどんなに幸せで大切なことなのかを再認識する機会となりました。また、人の命、家族、他者との関係、社会、医療の仕組み、行政の仕組み、リーダーの言葉、世界の国々の対応の違い、そのうえでの世界の連帯、などなど、日々考えさせられます。そして、自分の生き方を見つめなおさざるを得ない機会にもなりました。

日本では一年で最も気持ちの良い春から初夏のこの季節に、外に出られない、家族や友人たちと語り合い触れ合うことができない、ということは本当に精神的にもつらくなります。しかし、時に良い音楽を聴き、窓越しに外の木々や花々を見て、時間があればいつもできない料理を作り、本を読み、いつにもまして近くにいる人にやさしく接するように心がけて、日々前向きに過ごすようにいたしましょう。

一日も早い終息を期待しつつ、皆さまの健康を心からお祈りしております。

2020年03月11日

3.11

9年目を迎えた3.11.
想像を絶する、大きな出来事に何も考えられずに、ただ涙ばかり流していたことを思いだします。当時は災害に合われた東北の方々、特に福島の方々のことを思い、何ができるのか、何をしたらよいのか、と思い詰めていました。
しかし、9年たった今でも、普通の生活に戻られていない方々も多く、物理的な復興もまだまだ途上ですし、心の痛みや喪失感がどれだけ癒されているのでしょうか。
結局、どれだけ想像しても、他人ごとになってしまっているのではないか、と自省せざるを得ません。
日本という国としては何とか乗り越えて、今があるといえるのかもしれませんが、その後も繰り返して起こる自然災害、そして今のコロナウィルス感染という、人間に降りかかる脅威、それらを私たちは真摯に受け止め、人知を尽くして、前に進み続けなければならないのでしょう。
社会も国も世界の国々も、私たち一人ひとりの命、人生の集合体です。
一人一人が健康で、幸せに生きていくために、日々、自分だけではなく他者のことを思い、行動していかなければならない、と改めて心に誓う時です。

2020年03月03日

桃の節句

昨日の冷たい雨とは打って変わって暖かな桃の節句となりました。
街はコロナウィルス騒ぎで、落ち着かず、マスク姿にもなかなか慣れません。世界中に感染が広がり、一体これからどうなっていくのかわからず、不安な気持ちになります。とにかく、国は、感染を広げないために検査が必要な人には速やかに検査を受けてもらい、高齢者の方、既往症のある方などが万が一感染していらしたら、すぐに医療措置を受けられるように態勢を整えてほしい。そして、情報を国民にきちんと開示してください。
幸い重篤になる率、致死率は低いようですので、健康な人々は今まで通りの普通の生活をしてまいりましょう。いたずらに不安になることはないと思います。おいしいものを食べて、よく眠り、自己免疫力を高めましょう。

2020年02月21日

新型コロナウィルス

新型コロナウィルス感染で落ち着かない日々が続いております。日本国内でも感染されて亡くなられた方もいらっしゃり、また重症になっている方も多いと聞きます。高齢の方や持病をお持ちの方が重症になるようです。個々の免疫力をつけておくことが必要ですね。日頃からよく寝て良く食べて、健康でいることが大切なのかもしれません。日本国内でもどこまで検査が行き届いているのか、医療体制がどうなっているのか、日々の感染者の数等の情報だけでなく、政府は必要な情報を公開して、多くの専門家の知見を有効に使って一日も早い終息を迎えられるようにしてほしいものです。

仕事の上では、来週予定されている国際会議も、海外からの講師の来日中止が続き、通訳のキャンセルが相次いでいます。
こんな時は、せめて個人個人が心身共に健康でいることを第一にパニックになることなく自然体で過ごすことも大事かと思います。
良い春を迎えられますように。

2020年01月06日

新年

新年あけましておめでとうございます。
本日から仕事始めです。
今年はあまり気負うことなく、平常心で初出勤いたしました。
やるべきことを心を込めて丁寧にしつつ、少しでも進歩、成長できるように努力してまいります。
その積み重ねが必ずや、皆様へのより良いサービスにつながることと信じております。

社会に目を向けると、カルロス・ゴーン元日産社長の日本脱出という信じられないような出来事があり、またイランのNo.2ともいわれる将軍の暗殺など、日本にいる私たちも、今日本の社会で起きていること、それがどのように世界とつながっているのか、関係しているのか、一人一人が考えなければならない時代だと思います。

気候変動の影響で、アマゾンやオーストラリア、あるいはシベリアなどでの大火災が続いています。
地球上の一人として、自然環境の破壊をできるだけ少なくする努力もしなければなりません。

一日一日を大切に過ごしながら、自分のことだけでなく他者への思いを忘れずに生きていく一年にいたしましょう。

2019年12月25日

Merry Christmas!

Merry Christmas!
皆様、良いクリスマスの日をお迎えでしょうか?
日本でも様々な出来事があり、必ずしもhappyなクリスマスを迎えられる方たちばかりではありません。
テレビで日本に出稼ぎに来ざるを得ないフィリピンの人たちが1年に1度帰国して娘と抱き合う映像、帰国は断念して教会のごミサにあずかる人達の映像を観ました。
年末年始を過ごす場所がないホームレスの人たちに寝る場所と温かい食事を提供する活動をしている団体を知り、少しばかり募金をしました。
世界に目を向ければ、内戦、紛争、飢餓などで苦しんでいる人たちが大勢います。
今日、平和にクリスマスを迎えられた私たちが少しでも苦しんでいる人のことを思い、できる範囲で手を差し伸べ、祈る一日にできればいいな、と思います。

2019年12月05日

悲しい

アフガニスタンで1984年から長い間、変わることなくかの地に住む人々が飢えないように、少しでも平和に暮らせるように、地道に活動を続けてこられた中村哲さんが亡くなられた。
とても悲しい。

ご著書の中の言葉 「裏切られても、裏切り返さない誠実さこそが、人々を動かすことができる。それは武力以上に強固な安全を提供してくれる」

アフガニスタンでの活動に集中されていて、ご自分のお子様が亡くなった時にも立ち会えなかった、と。

真の善き人間であられた。

心からご冥福をお祈りします。

どなたかが言っていらしたけれど、中村さんは、彼を銃撃した人達についても、「彼らを責めないでよ、長い目でアフガニスタンのことを思って許してあげて」と天国でおっしゃっているのではないか、と。

中村さんのようにはできないけれど、ほんの少しでも中村さんの言葉に近づきたい。

2019年12月02日

師走

この季節になると毎年同じ事を書いているような気がしますが、とうとう今年最後の月になってしまいました。
今年は災害も多く、また新天皇のご即位があり、それこそあっという間に1年が過ぎたという感がいたします。

今、気候変動に伴い、地球環境の悪化が以前の予想以上のスピードで進んでいます。
今日から地球温暖化対策を話し合う国際会議、「COP25」がスペインで開幕します。
自分のことだけでなく、未来の人たちのことを考え、今私たちがすべきことを行動していかないといけないと思います。

毎日の仕事に追われ、家族をはじめ近しい人たちを思い、自分のことで精いっぱいではありますが、時に私たちの将来がかかっている地球のことにも心を向けませんか。
日々、誠実に過ごして1年を終えられるように、ふーっと深呼吸をして、師走のあわただしさに負けないようにいたしましょう。

2019年10月11日

台風19号

超大型台風19号が近づいています。
東京は今まではラッキーにも「それてくれたね。思ったより被害がなかったね。良かった!」ということが多かったのですが、今回は直撃の可能性が高いようです。
今夜は久しぶりに雨戸を閉めなければ、と思ったり、雨戸の無い窓は養生テープを張った方がいいのか貼らないほうがいいのか、など情報も様々で、いつになく緊張しています。
どうか皆様できる限りの対策をしてお過ごしください。
特に15号の被害も大きかった房総半島をはじめ千葉県の皆様、お気をつけてお過ごしください。
なんとか被害が少なくて済むことを祈っています。

2 / 1012345...10...最後 »
HOME>新着情報

新着情報

コンサルタント紹介

パートナー企業の紹介

サービス事例紹介