ご利用の流れ

料金体系

●通訳料(日⇔英・中・仏・西・独・露・伊 共通)

1名半日 1名1日 延長1時間
クラスS \ 80,000 \120,000 \ 19,000
クラスA \ 67,000 \100,000 \ 16,000
クラスB \48,000 \72,000 \11,000
一般クラス \30,000 \48,000 \ 8,000

※税抜き価格

※クラスSは日英の通訳者を高度な専門知識を必要とする医薬など特定の分野で手配した場合のクラスとなります。
半日は拘束4時間以内とします。半日を超える場合は1日(7時間実働、拘束8時間以内)となります。
1日を超える場合はオーバータイム(延長)料金を請求いたします。また随行通訳の場合は、集合から解散までの拘束時間が実働時間となります。
逐次通訳では随行通訳を除き、半日(3時間以内)を1名、それ以上を2名にて対応、また同時通訳では3時間以内を2名、3時間を超える場合は3、4名で対応いたします。
通訳音声の2次使用(インターネットでの利用を含む)に関しては事前にご相談ください。

●出張規程

東京・神奈川・千葉・埼玉以外の地域での仕事、または東京・神奈川・千葉・埼玉県内でも東京駅を起点として100Km以遠での仕事は出張扱いとなります。
地方在住通訳者を手配する場合の交通費は別途お問い合わせください。

●移動拘束補償費

会議が出張地域で開催され、移動に相当の時間が必要とされる場合には、通訳業務以外の拘束に対し、以下の出張費用を 計上させていただきます。

●国内

会議の実施日前後の4時間以上の移動拘束に対して、
または現地終日拘束日
1日通訳料×50%
会議の実施日前後の4時間内の移動拘束に対して 半日通訳料×50%
会議の実施日で実働と移動時間の合計が10時間を超える場合 半日通訳料×50%

●海外

旅行期間および現地拘束日 1日通訳料×50%
引き続いて行なわれる複数会議の間の現地拘束日 1日通訳料×50%
会議の実施日で実働と移動時間の合計が10時間を超える場合 半日通訳料×50%

※ただし視察団随行通訳などは、原則として現地到着後、仕事が始まった日から完了の日まですべて通訳料計上の対象となります。

●出張旅費・日当

宿泊・日当(通訳者1名、1日あたりの料金)

●国内

宿泊を伴う場合 ホテル代
(税・サービス料込)
実費+ \ 8,000
宿泊を伴わない場合および日帰りの場合 \ 5,000

※税抜き価格

●海外

宿泊を伴う場合 ホテル代
(税・サービス料込)
実費+ \ 10,000
宿泊を伴わない場合および日帰りの場合 \ 6,000

※税抜き価格

●交通費

交通費およびそれに付随する諸経費(通訳者1名あたりの料金)

●国内

会議開催地までの往復の航空運賃および列車の往復料金
会議開催地におけるバス・タクシー代実費

※交通費は基本的に実費を請求させていただきます。

●海外

東京~開催地間の往復航空運賃実費
地上交通費

※地上交通費とは、成田空港まで、または海外での空港から会議場もしくは宿泊施設までの交通費などを指しています。

●必要に応じてVISA(査証)代実費

会議開催地までの往復の航空運賃および列車の往復料金
会議開催地におけるバス・タクシー代実費

※海外出張の場合。

●キャンセル料について

通訳者手配確定ご連絡以降、日時変更も含めてキャンセル料の対象になりますのでご了承ください。
5日前~4日前 通訳料・拘束補償費お見積り金額合計の30%
3日前~2日前 上記の50%
前日~当日 前日~当日
※通訳者手配確定の連絡以降、日時変更も含めてキャンセル料の対象になりますのでご了承ください。
※基本的に土・日・祭日を除いた営業日で計算させていただきます。従いまして月曜日の案件は金曜日が前日扱いとなります。
※拘束を含め会期が1週間以上続く案件は土・日を含めて14日前から、2週間以上の案件は1ヶ月前からキャンセル料をいただきます。詳細についてはお見積り時にご説明します。
※海外から招聘する場合は別途規定によります。

●お支払について

• 出張旅費(宿泊・日当・交通費)を除いて、国内の仕事についてはすべて消費税分を加算した税込の金額を請求させていただきます。
• お支払いにつきましては、請求書発行日の翌月末日までに弊社指定の銀行にお振込ください。
• 初めてのお取り引きの際は事前入金をお願いすることがございますのでご了承ください。
HOME> 通訳サービスの料金体系

通訳サービス

コンサルタント紹介

パートナー企業の紹介

サービス事例紹介