新着情報

2016年04月04日

4月新たな気持ちで!

4月1日が金曜日ということもあり、なんだか改めて新年度の始まりを意識しませんでした。今日の月曜日から新たな気持ちで始めましょう。クライアント企業様からいろいろとご相談を受けているのに、なかなか良い方を推薦できなくて気持ちが焦りますが、ここは正念場。力の見せ所?!さあ、張り切っていきましょう!

2016年03月02日

三月 弥生

陽射しは春めいてきましたが、風はまだ冷たい弥生です。
3月に入り、早々に書類選考を通過した方々が何名かいらっしゃいます。
来週以降の面接でよい結果が出るといいのですが。

最近は、担当者あるいは役員の方との面接とともに適性検査をする企業様が多いようです。
検査にも種類がいくつかありますが、事前の準備云々より率直に回答した方が良いようですよ。

2016年02月17日

中国で働く!

社外コンサルタントのクライアントである中国の企業からの求人案件が増えています。中国企業とのお付き合いは初めてですが、コンサルタントと協力して良いお話であれば、中国で頑張りたいという希望者をご紹介していきたいと思っています。
但し、慎重に進めます。
様々な分野で技術を持った方を求めていらっしゃいます。

2016年01月25日

今年一号の採用内定通知!

昨年暮れに書類選考をしていただき、今年に入って面接を2回していただいた候補者の方に採用内定通知書をいただくことができました。スピーディーな決定です。候補者を企業にご紹介してから、結論が出るまでに様々な要因で3~6か月もかかることもありますし、今回のようにトントンと話が進むこともあります。期間の長短はともかく、良い御縁になることが一番です。おめでとうございます!

2016年01月13日

嬉しい話

昨年、人材をご紹介させていただいた企業の方と新年早々お話をする機会がありました。
入社されてちょうど5か月がたったところですが、素晴らしい働きぶりだとうかがいました。
上司に当たる方からみて、まさにその企業、その事業部で必要な人材だったということで、絶賛でした。
スキル、ネットワークそして人間性、最も必要とされるその3つを兼ね備えた方を結果的にご紹介できたようで、本当に嬉しく思いました。
上司を始め、組織全体にとっても、またご本人もhappyだと思いますよ、とおっしゃってくださり、紹介申し上げた私にとってもとてもhappyなお話でした。
きっと、将来その企業をけん引していく人材になることでしょう。
今年も、そういうご紹介ができるといいな。
しっかり仕事をしてまいります。

2016年01月04日

新年あけましておめでとうございます。

2016年の仕事始めです。
本年も一生懸命に誠実に仕事をしてまいります。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
世界が混沌としていますが、どうか地球上の多くの人々に平和が訪れ、笑顔が多い年になりますように。
皆さまにとっても良いことがたくさんある年になりますことを祈念しております。

2015年12月25日

今年も1年ありがとうございました。

本当にあっという間の1年でした。
上半期はクライアント企業様とも、candidateの方とも良い出会いが多く、ご転職のお手伝いができました。
弊社の紹介で転職された方々、皆さまお力を発揮して活躍されています。
その勢いで下半期も…と思っていましたが、最後までマッチングすることの難しさも経験しました。

社会情勢、国際情勢を見ると哀しい大きな出来事も多く、気持ちが落ち着かない日々を過ごしました。

間もなく来る新しい年が、他者を思いやることのできる、平和な年になることを心から願ってやみません。

この1年、お世話になった皆さま、弊社にいらしてくださった皆様、本当にありがとうございました。

2016年が皆さまにとり、幸せの多い年となりますように。

年末は28日(月)までオフィスにおります。
年始は1月4日(月)からです。

2015年12月01日

師走

師走に入りました!
今年も最後まで丁寧に頑張るぞ!
グローバルに展開している企業からの通訳依頼は、プレゼンターが会議直前に来日されることも多く、当日の資料の準備や事前打合せの時間がとれないこともままあります。そんな時、企業と通訳者の間のコミュニケーションをとり、通訳者がよりよいパフォーマンスができて、その結果企業が満足されるようにコーディネートするのが私たちの仕事です。でも最後は通訳者が肝を据えて、何があってもベストを尽くしていただくことを見守るしかないのです。ある意味、通訳者は豪胆な性格の方が向いているかもしれません。もちろん緻密な準備は大前提ですが・・・

2015年11月17日

特需?

パリで起きたような大きな悲しい事件を日本で報道する際にはどうしても通訳・翻訳が必要になります。

今回もTVキャスターが現地に飛べば、そこでの取材には通訳が必要になりますし、メディア、特にTVの報道番組などでは刻々と入ってくる膨大な映像や音声の翻訳業務が発生します。

以前、TV局での映像翻訳を盛んにしていた時には、大きな事件や事故が起こるたびに大勢の通訳者や翻訳者を動員してTV局で仕事をしてもらいました。

そのような時には、図らずも通訳翻訳エージェントは大きな仕事ができるわけです。

特需?です。

一昔前ですとペルーの日本大使館事件、イラクやアフガニスタンでの戦争など、24時間体制でシフトを組んで通訳者さんを派遣しました。その時にはコーディネートする私たちも夜中でもいつでも臨戦態勢でした。

でもいつでもこんな悲劇で仕事が増えても・・・と複雑な思いがしたものです。

今回は弊社には幸か不幸かあまり声がかかりませんでしたが・・・

逆に同じ映像翻訳でも平和の祭典?!であるオリンピックやサッカーワールドカップなどでは大いに通訳者にも競技についてや選手名を勉強してもらって活躍していただきました。

現場やTV局で今もきっと頑張っている通訳者の方々、目をそむけたくなる映像も多いことと思いますがどうぞしっかりと現実を、そして真実を伝えるお手伝いをしてください。

とても大事な仕事だと思います。

2015年11月16日

Parisのテロ

13日の金曜日に起きたパリのテロには大きなショックを受けました。

毎年一度か二度は訪れるパリ。友人知人の安否は確認できましたが、オランド大統領のmercilessな攻撃を、という言葉にテロとの戦いの難しさを感じます。

「目には目を」では、又暴力で暴力を終わらせることはできないと思います。

平和な世界を実現するために、私たちは何ができるのでしょうか?何をすべきなのでしょうか?

複雑な思いで迎えた月曜日。

前を向いて1週間を始めましょう。良い1週間になりますように。

HOME>新着情報

新着情報

コンサルタント紹介

パートナー企業の紹介

サービス事例紹介